アイム放課後のスタッフブログ!

川崎市に福祉施設を展開するアイムの公式スタッフブログ✍️ …毎日更新中…

カテゴリ:アイムのスタッフ > かほ

あっという間に8月。
このブログで何度この『あっという間に』というワードを書いた事でしょう。

ピタゴラス、4回目の夏休みです。
何もかもがあっという間過ぎます。

ピタゴラスの夏は名物でもあります。
イベントづくしのピタゴラスの夏休み。

今日は先日のイベントにぎゅっと絞ってレポ。
FSNO7973[1]
ピタゴラスから車で50分程北に走ると、そこはかの有名な蒜山(ひるぜん)高原。

その蒜山エリアの中の中和(ちゅうか)地区。
津黒いきものふれあいの里に行ってきました。
SQKH5491[1]
毎年恒例の魚のつかみ取り。

ここではわんぱくキッズが闘志をメラメラ燃やします。
KBXZ6523[1]
普段はゲーマーキッズですが、実はアウトドアも大好き。

野生の血を感じます。
ONWL4697[1]
つかまえた魚は自分達でお腹の処理。

今年で3回目の魚のつかみ取り。
初めての時はギャーギャー騒いでたキッズもこのたのもしい姿。
HFPU1311[1]
今年が初めてのキッズは、いつもお世話になっている森の達人和田さんからレクチャーを受けます。

その姿をそっと見守るお姉さんキッズ。
暖かい眼差しです。

自分で言っちゃいますが、ピタゴラスのいいところはこういうとこだと思うのです。

チャンスは提供するけど、やる事は強制しません。
する、しないの選択をするのもスキルだと思うので。

『しない』を選択したキッズも周りの仲間の言動を見て感じている事はあるのだと思うのです。

こうやって仲間が挑戦している姿を見て、キッズもきっと成長しているのだと思うのです。


自分達で処理した魚は炭火焼きにしていただきます。

しかも手作り木のお皿で。
QJWC0663[1]
しかもしかも、今回は焼きとうもろこしまで。

皮剝いて木の枝で作った棒をぶっ刺して焼きました。
UFCT6777[1]
大自然が身近にあるピタゴラス。

コロナで益々『除菌』だ『抗菌』だ言われますが、自然の中で生きて行く事で免疫力もアップするのかもしれません。
ROYR8496[1]
コロナ禍で当たり前だと思っていた様々なものが淘汰され始めたこの半年。

人間にとって大切なのはいったい何なのか。

多くの人が考えるきっかけとなったのではないでしょうか。
UXKS1329[1]
この子達のたくましさ、

きっとこれからの未来を生き抜く力になっているハズ!!
NNZJ4353[1]







外食とか行った事がないんです。。。


保護者さんからのそんな話をお聞きし、ピタゴラスに出来る事ないかな。
そう考えていた時。


そうか!
外食のイベントでなくても、個別でお出掛けしたらいいんだ!

またもやひらめいちゃいました


早速保護者さんにご相談。

『マクドデビューしてみませんか?』


愛する我が子の初めてはやっぱりご両親が一番見たいハズ。
そこをどうするかは保護者さんと相談。

そして遂に決行の時が

心強い先輩も一緒だったためか、すんなり入店。
(初めての場所には入らないと聞いたけど
IMG_5121[1]
ドナルドさん、はじめまして
IMG_5122[1]
偏食キッズ、ポテトはドライブスルーで食べた事あるとお母さんからの情報。
よしよし、ポテト行ってみよう。

でも、もしかしたらナゲットもいけるんじゃない?

ハッピーセットのおもちゃにはどんな反応するんだろう??

キッズもドキドキだろうけど、スタッフもドキドキ。
いや、ドキドキというよりワクワク。

階段大好きキッズ。
IMG_5125[1]
キッズが2階への階段を昇降している間に、ナゲットのハッピーセットを注文。
(さすが田舎。貸切に近い状態で、店内ウロウロしても目は届く)

キッズ~、ポテト食べよ~

誘ったらすんなりと降りて来て、きちんと手を洗うキッズ。
IMG_5126[1]
手を洗ったら席に来て、ポテトをつまみ食い。
もぐもぐ。

ポテト1本食べたら階段に行き、スタッフが呼ぶと席に戻ってポテト1本もぐもぐを繰り返す事2~3回。

ポテトがおいしかったのか、なんと椅子に座るキッズ。
IMG_5129[1]
座ってポテトを食べる事が出来ました

しかもポテト食べ終わるまでの時間。
IMG_5133[1]
これにはお母さんもビックリ!!!
相談事業所の相談員さんもビックリ!!!!!
(もちろん、私も留守番してくれていたピタゴラスのスタッフもビックリ!!!)

ハッピーセットのおもちゃにも興味を示すキッズ。
IMG_5134[1]
IMG_5138[1]
(ポケモンのおもちゃは売り切れで、なんかよくわからない楽器のおもちゃでした…)

おいしそうに次々ポテトを口に入れ、
IMG_5147[1]
なんならマクド慣れっこのパイセンのポテトにも手を伸ばし、
IMG_5141[1]
なんとも感動的なデビューでした。


じっと座れなかったり、大きな声出しちゃったり、周りの目が気になるのは当然だと思います。
でも、ピタゴラスにはピタゴラスという印籠があるのではないかと思っています。

親として子どもと一緒にお店に行くのは、周りの目が気になったり、迷惑をかけないかと心配だけど、
ピタゴラスとしてなら強くなれる

だからピタゴラスをうまく活用してもらったらいいのだと思うのです。

自分の食事は自分で準備出来るようになるための練習に、昼食はカップ麺やレトルトカレーを持たせてもらったらいいですよ。とお伝えしても、
「そんな事頼んでいいんかな」
「そんな事まで迷惑じゃないんかな」と心配される保護者さん。

いいんです
それをするのがピタゴラスなんです

保護者のみなさんの思い、
是非とも聞かせて下さいね。

ピタゴラスにできる事、
全力で考えます
IMG_5146[1]





先々週、ピタゴラスにて開催された『たまねぎ祭り』が大盛況で幕を閉じました。

思い起こせば5月頭。
ピタゴラス×つばさ畑で夏野菜を植えながら、
「6月にはたまねぎが採れるからカレーパーティーだな」
なんてスタッフで話をしていたところ、



ひらめいたのです。

コロナ一色で暗いニュースの毎日。
そんな中でもまちを元気にする方法はあるハズ!!!

そこからピタゴラスの多動っぷりが暴走しました。

IMG_4543[1]

カレーといえば、スタッフがプライベートでいただいておいしいと感激したカレー屋さん『indigo blue curry stand』さん。
去年からピタゴラスキッズが育てた野菜を使ってくださっているパン屋さん『まるいおやつとパンmoi』さん。

早速お二人にお誘いの連絡

indigo blue curry standさんもmoiさんもご快諾くださり、いざ決行。

映えスポット(古い!?)のカカシも作った事だし、本当はピタゴラス×つばさ畑でやる予定だったたまねぎ祭りも、梅雨には勝てずピタゴラスでの開催となりました。

IMG_4535[1]

大雨の中、「お客さん来るかな~。まだかな~。」と心配したのも束の間。

BlogPaint


BlogPaint

開店と同時に、次から次へとお客さんご来店。

BlogPaint

indigo blue curry standさんとmoiさんの素晴らしいアシストのおかげで、
キッズが楽しく上手に、そして何よりいきいきと接客をさせていただきました。

開店前の準備もがんばってくれていたのです。

IMG_4547[1]

IMG_4541[1]

お金の勉強は机上でするより、実際にお金のやり取りする方がわかりやすいハズ!
こうやって地域のみなさんのおかげでキッズは多くを学ばせていただいています。

IMG_4545[1]

がんばったキッズとスタッフは、賄いにカレーをいただきました。

ピタゴラスたまねぎとお豆で作られたお肉を使わないヴィーガンカレー。
ほとんどのキッズが初めて食べる味。

心配無用。
ペロリでした。

IMG_4536[1]

そして、たまねぎ祭りでデビューしました『ピタゴラス壺焼き』
都会で流行ってる(?)壺焼き芋の壺を使って新たまねぎを焼きました。

IMG_4006[1]
(画像は試作の時。サツマイモもユリ根もバナナも焼いてみたのです。)

七輪が入った大きな壺の中で、じっくりじっくり2時間程かけて焼いたたまねぎ。
BlogPaint

肉汁ならぬ、たまねぎ汁がしたたります。
お買い上げいただいた方からは、

『ぅんま~
『黒こしょうかけて食べたらおいしかった~』
『甘かったわ~

とご好評いただきました。

雨の中ご来店いただいたみなさま、マスク着用、手指消毒、ソーシャルディスタンスにご協力いただき、ありがとうございました!
(ピタゴラスも先月寄付していただいた0867さんのマスクが大活躍でした!!)

そしてなにより。
indigo blue curry standさんとmoiさん。
楽しいイベントをありがとうございました

少しでもまちが元気になればいいなと思います。

次回のイベントは今週末6/27(土)
ピタゴラス1階のボルサリーノをお借りし、今度はhitosajiさんとのコラボです。

その名も
『コボルサリーノ ~hitosaji×ピタゴラス~』

キッズが育てたたまねぎを使ってhitosajiさんがランチをお届けします。
詳しくはピタゴラスのインスタグラム、フェイスブックページをご覧ください

コボルサリーノでも、ひよこが壺焼きしますよ。
乞うご期待
IMG_4540[1]




ピタゴラスでキッズ達と過ごす中で、

『これやりたい!』『こうしてみたら?』『じゃああれは?』
と目を輝かせるキッズと、

『どうせ出来んし…』『言っても無駄じゃし…』『やめとく…』
と伏し目がちなキッズがいます。

同じキッズでも場面によりけりですが。

20200206_163127

オトナでも、

『あれしたい!』『こうしたら出来るんじゃない?』
と楽しそうなオトナと、

『どうせ上司が…』『旦那がしてくれんし…』
と諦めモードなオトナがいると思います。

IMG_6619

この違いってなんでだろう???と考えたとこ、
この人はポジティブだから、この人はネガティブだから、だけではなくって
なんでこういう思考になるのか、があるのではないか?と思う訳です。

IMG_1035

ピタゴラスで働き始めて、起業家と呼ばれる方々と多く知り合うようになりました。
その人達は目がキラキラ、というより、ギラギラしています笑

一度は企業に就職したけど、うまくいかなくて、心折れて。
再度奮起して独立したっていう話をよく聞きます。

過去にそんなつらい体験があったとは思えないバイタリティ溢れる面々。

ピタゴラスのキッズがなんとも後ろ向きな姿をしていると、
どうすればこの先、このバイタリティ溢れる方々のように、たくましく生きて行けるんだろう。と悩む訳です。

IMG_0853

不登校や引きこもりという問題はよく聞きますが、これって本人の問題ではなく、環境によって起こる事だと思うのです。

だとしたら、二次障害を起こさないためにも、環境であるピタゴラスはどうしたらいいんだ?
なんでも人のせいにしたり、やってもみないで諦めるオトナは、どんな環境で育って来たんだ?

DSC_1507

この子達の輝いた目が、ずよ~んと濁らないよう、
ピタゴラスは今日も楽しくありたいものです。

そのためにも、
今日もおいしいご飯食べて、
あったかいお風呂でボケ~っとして、
ぷはぁ~っとうまいビールを飲みますかな☆

IMG_0763
(本人の希望で巻いてます。あしからず。)




IMG_0546

始まりました。
2020年。

みなさま、新年明けましておめでとうございます。
令和初の年越し、素晴らしい年の幕開けです。



2019年。
ピタゴラスは笑顔であふれ返っていました。

DSC_0025



IMG_7643

キッズの笑顔の影には、スタッフの姿があり、

時には微笑ましく見守り、
時にはガハハと共に笑い。

IMG_0508

ピタゴラスをサポートしてくれているスタッフメンバー。
左からたかこさん、山﨑さん、中野さん、谷口さん。

写真には写ってませんが、他にもピタゴラスに大きな力を注いでくださるスタッフが揃っています。

揃いも揃って、ほんわか系からしっかり系から、
個性的な濃いキャラがそろっています。

さすが、アイムグループの一員です笑



どうすれば、キッズが心地よく過ごせるか。
どうすれば、キッズのキラリと見え隠れする“なにか”を引き出せるか。

基本的にプログラムのないピタゴラスだからこそ、
スタッフのスキル、考え方が肝となります。

20191008_171307


BlogPaint

時には悩み、時には落ち込み、
それでも時は進み。

あーでもない、こーでもない、
結論の出ない話し合いもしばしば。

IMG_0419

小さな子どもがいたって働ける場所。
障害児の親だからこそ力が発揮できる場所。
やってみたい!が叶えられる場所。

そして何より、自分自身が楽しく働ける場所。

そんな職場ピタゴラスでありたいと思います。

20191210_165004

“社会は大変なんだよ~”
“そんな夢ばっかり言ってないで現実見ろよ~””

そんな事キッズに言いたくありません。

確かに実社会は厳しい面もあるけど、
それをいかに開拓していくか。

文句ばっかり言っててもなんにもかわらない。
不満ばっかり言っててもなんにも楽しくない。

そんな力をキッズには培ってもらいたいものです。

IMG_0536


2020年。
ピタゴラスは今年も突っ走ります。

たまにはぶつかるけど、着実に前に進みます。

ピタゴラスファンのみなさま、
今年もどうかどうか、よろしくお願い申し上げます。

2020年 元旦
ピタゴラス放課後真庭


このページのトップヘ