アイム・スタッフブログ(宮前区・高津区・麻生区・中原区にあるアイム放課後等デイサービス)

川崎市宮前区にあるアインシュタイン放課後と高津区にあるエジソン放課後、麻生区のモーツァルト放課後、中原区のダヴィンチ放課後で働くスタッフによる、奮闘?記。

カテゴリ: Coco

がっちゃんは算数が得意です。
たし算ひき算は勿論のこと、大きな数のかけ算やわり算もお手の物。
ただしそれは、巧みに電卓を使って•••のこと。
そこでわり算の概念を勉強してみました。 


具体物を使った楽しい教材です。
二つに分けてみます。
迷うことなく、上手に二分の一に分けることが出来ました。
  


次は四分の一。これも簡単に解くことが出来ます。
でも三分の一は均等に分けることが出来ず、ひとつたけ大きなパンケーキに。。
「あれ?ひとつたけ大きいよ」と言うと、
その大きなパンケーキを指差して「がくの〜」とのこと(笑)
これはある意味大正解の花丸です!



チョコレートもそれぞれ仲良く分けられました。 


次、同じ数ずつお魚を釣ったら、ひとり何匹ずつ?
がっちゃん自身が案内線を引いて正解! 


次はちょっと難しいかな?
何人分の靴下でしょう?
靴下が二つで一人分であることにも、すぐに気付きました。


最後はいよいよ式に移行します。
スタッフは拙い英語で必死にがっちゃんに説明します。
結果•••
大正解!
スタッフ感激!!
がっちゃんもたくさん褒められて嬉しそうです。

これからは、文章題を中心に‛わり算’の定着をしていきたいと思います。
そして、次は‛かけ算’の概念理解も!

がっちゃん、明日からも一緒に楽しく頑張ろうね♪

パリ在住のお友達のひとりShuさんは、パリ市立マルセル・マルソー国際マイム学院在中パントマイムの巨匠マルセル・マルソーに師事。

ヨーロッパ国際演劇祭で、日本人初の最優秀作品賞と男優賞をW受賞したという凄い方!マイム役者の他、演出家、脚本家、振付師と様々な顔を持つ多才な方です。

5_1

久しぶりの再会、尽きないお喋りの中で、彼のお姉様が東京で支援学級の先生をしていると聞いてびっくり!

それ以上に、私が今、放課後デイサービスで働いていることには驚かれました(笑)

フランスは社会保障が厚い国ではあるけれど、発達障害に対する認識と制度が先進国の中でもトップクラスで遅れているそうです。。

6_1
2人で飲んだカプチーノ

9月6日から14日、パリに行ってきました。

今回の渡仏の目的は、
合同展示会Who's  next/Premiere classeへの出展です。

1

毎年4回、パリのポルト ド ベルサイユの会場で開催される
ファッションブランドの合同展示会です。

服、服飾雑貨、アクセサリー等々の
ファッションアイテム関連ブランドが約1500参加し、
開催4日間でのべ5万人のバイヤーたちが、
ヨーロッパをはじめとした世界中からやってきます。

2_2

3_3

この展示会に、年に1度、
社長兼デザイナーである夫のバッグブランドが出展するため、
夫婦で渡仏するのが恒例になっています。

出展のためには、主催者側の審査があるので、
今回日本から参加するバッグブランドは、2ブランドだけです。

前日のディスプレイから、開催中の接客、最終日の撤収まで、
何もかも2人で行いますが、回を重ねるごとに色々な意味でタフになり、
多少のアクシデントやトラブルには動じません(笑)


4_1

この5日間を乗り切れば、翌日と、翌々日フライトまで、
1日半のパリフリータイムが待っています

セントラルパーク
皆んな思い思いのスタイルで楽しんでいます。
 S__33669245
S__33669246
セントラルパーク名物、観光馬車。20分25ドルでパーク内を散策できます。
S__33669248
青空に映える星条旗!
S__33669250
リバティ島に渡り、自由の女神を真近に見てきました.
S__33669252
毎年6月最後の日曜日は、ゲイパレードの日。
マジョリティとマイノリティが逆転したかのような街の様子。
そもそもそんな区分けなんか意味がないようにも感じる光景でした。
S__33669254
ゲイパレードの日は、エンパイアステートビルもレインボーカラーに輝きます。
S__33669256
マンハッタンの夜景
S__33669258
オマケ。
ブロードウエイでミュージカル『ウィキッド』を観てきました!
S__33669262
以上、NYCレポでした。
佐藤さん!いかがでしょうか?? 

6月23日〜29日
NYCに行ってきました。
今回の目的は、メトロポリタン美術館(MET)で開催されている「Rei Kawakubo/Comme des Garcons  Art of the In-Between」展を見ること。
METは、アメリカを代表するファインアートの美術館です。
S__33669174
日本人デザイナーとしては史上初、
そして現役デザイナーを単独でとりあげる展覧会としては1983年に開催されたイヴ・サンローランに続き2人目とのこと。
日本人として誇らしいことです。
S__33669176
展覧会では、1980年代から先日発表されたばかりの
2017年秋冬コレクションまでの作品約140点が展示されていて、ファンにとっては彼女のクリエーションのルーツを辿ることができる貴重な機会でもありました。
9つのテーマに分かれた展覧会場は、それ自体がまるで大きな彫刻作品のように直線と曲線が入り混じった空間作りでした。
 S__33669178S__33669179
S__33669180
S__33669181
S__33669182
S__33669183
S__33669184
S__33669185
S__33669187
S__33669195
オマケの番外編観光地は、明日お届けいたします♪
 

このページのトップヘ