アイム・スタッフブログ(宮前区・高津区・麻生区・中原区にあるアイム放課後等デイサービス)

川崎市宮前区にあるアインシュタイン放課後と高津区にあるエジソン放課後、麻生区のモーツァルト放課後、中原区のダヴィンチ放課後で働くスタッフによる、奮闘?記。

カテゴリ:アイムのスタッフ > Coco

たっくん、はじめての絵の具に挑戦です。
パレットに適量の絵の具を出せるかな?
水加減も上手くいくかな?
と、スタッフはいろいろ気になることがありましたが
ここは、たっくんのやりたいように!を大切に♪



IMG_0726
たくさんある色の中から黄色を選んで
スタッフの心配をよそに、いい感じに絵の具を混ぜて


IMG_0729
好きなモノを好きなように描いていいんだよ!
お習字の経験があるたっくんにとって
筆と言えば文字だったのか
まずは漢字を書いてみました。


IMG_0731
IMG_0735
「オレンジを作ります!」と言いながら
赤と黄色を混ぜるたっくん。
これには、スタッフもビックリしました。
色の作り方も知っているんだね、すごいよ、たっくん!!



IMG_0732
画伯、だんだんノリノリ気分になってきました(笑)



IMG_0737
IMG_0739
教室の床いっぱいに紙を広げて
たくさんの色を使って
画伯の作品も完成に近づきます。



IMG_0746
どうでしょう?この大作!!
はじめての経験に満面の笑顔で積極的に取り組む姿に、スタッフ感激!!



これからも
楽しいこと、新しいことに
どんどん挑戦していきたいと思います。

P1330180
割り算の概念理解から、文章題まで
すっかり習得したがっちゃん。
掛け算に進む前に、基本的な数の操作を勉強するとこにしました。

◯+◯=◯
◯-◯=◯
のような、簡単な足し算引き算を
形を変えて勉強します。
これを通して、足す引く掛ける割るの
それぞれの計算式の関係性を理解できるようになりたいと思います。

まずは、足し算の形を変えてみます
見たことのない形に
戸惑いながらもなんなく理解出来ました。

次はちょっと難しい
上の四角の中の数にするための穴埋めです。
引き算を使って、答えを導き出すことに気づいたがっちゃん!


じゃあ、これは?
足し算と引き算の関係がわかってきたようです。
そのがっちゃんの姿を見ながら
式の置き換えが出来ると言うことは、、
もしかしたら
簡単な一次方程式も?出来る?かも?
と、思うスタッフでした。

文章題を聞いて、正しい式を選ぶことも出来ました!


さてさて
最後は難しいかなぁ〜?
縦横どこを足しても10になる数を考えましょう。
この苦労のあとを見てください!
上の三つは、スタッフと一緒に
下の段は、がっちゃんひとりで頑張りました。
がっちゃんの脳みその柔軟さには
日々驚かされています!!


余談ですが
がっちゃんにばかりお勉強させては申し訳ないので
スタッフも只今猛勉強中(笑)


これからも、がっちゃんの頑張りと賢さを
間近に見ることが出来て嬉しいです。
P1330202



がっちゃんは算数が得意です。
たし算ひき算は勿論のこと、大きな数のかけ算やわり算もお手の物。
ただしそれは、巧みに電卓を使って•••のこと。
そこでわり算の概念を勉強してみました。 


具体物を使った楽しい教材です。
二つに分けてみます。
迷うことなく、上手に二分の一に分けることが出来ました。
  


次は四分の一。これも簡単に解くことが出来ます。
でも三分の一は均等に分けることが出来ず、ひとつたけ大きなパンケーキに。。
「あれ?ひとつたけ大きいよ」と言うと、
その大きなパンケーキを指差して「がくの〜」とのこと(笑)
これはある意味大正解の花丸です!



チョコレートもそれぞれ仲良く分けられました。 


次、同じ数ずつお魚を釣ったら、ひとり何匹ずつ?
がっちゃん自身が案内線を引いて正解! 


次はちょっと難しいかな?
何人分の靴下でしょう?
靴下が二つで一人分であることにも、すぐに気付きました。


最後はいよいよ式に移行します。
スタッフは拙い英語で必死にがっちゃんに説明します。
結果•••
大正解!
スタッフ感激!!
がっちゃんもたくさん褒められて嬉しそうです。

これからは、文章題を中心に‛わり算’の定着をしていきたいと思います。
そして、次は‛かけ算’の概念理解も!

がっちゃん、明日からも一緒に楽しく頑張ろうね♪

パリ在住のお友達のひとりShuさんは、パリ市立マルセル・マルソー国際マイム学院在中パントマイムの巨匠マルセル・マルソーに師事。

ヨーロッパ国際演劇祭で、日本人初の最優秀作品賞と男優賞をW受賞したという凄い方!マイム役者の他、演出家、脚本家、振付師と様々な顔を持つ多才な方です。

5_1

久しぶりの再会、尽きないお喋りの中で、彼のお姉様が東京で支援学級の先生をしていると聞いてびっくり!

それ以上に、私が今、放課後デイサービスで働いていることには驚かれました(笑)

フランスは社会保障が厚い国ではあるけれど、発達障害に対する認識と制度が先進国の中でもトップクラスで遅れているそうです。。

6_1
2人で飲んだカプチーノ

このページのトップヘ