アイム放課後のスタッフブログ!

川崎市に福祉施設を展開するアイムの公式スタッフブログ✍️ …毎日更新中…

カテゴリ: おしらせ

ご参加いただいただ皆様、ありがとうございました。
次の説明会は、日程が決まり次第、お知らせします。

家族イラスト1_背景あり

アイムは発達障がいのお子様の長い人生の課題に取り組むために、信託を取り扱うアイムパートナーズをスタートしました。人生、常に万が一ということがあります。また障がい者の老後についても、事前に備えておけば当人にとっても家族にとっても安心です。セミナー参加は期間限定で無料なので、ぜひたくさんの方に聞いていただけたらと思います。

「障害者の親なきあとの事例研究」ZOOM説明会
事前申し込みの必要はなくなりました。 当日に下のリンクをクリックするとZOOMアプリが自動的にでてきてセミナーに参加できます。
(『あしたパートナーズ』との共同セミナーになります)


■2022/5/21(土) 14:00-15:30
⇒参加の時にこのリンクをクリックする
ミーティングID : 835 6878 7704
パスコード        : 075281
d284c71dec53208fb2fd6d538e1e0c406f8e34cb

説明会の内容:
●親として子供にいくらを残せばよいのか?
●親なきあとの当人のお金の管理をどうしたらよいのか?
●安心してお金を預けられる仕組みはあるのか?
●身内で生じうる相続問題に巻き込まれないために
●お金のトラブルを未然に防ぐには?
●通常の生命保険では不十分な理由

実際に親が亡くなったあとの金銭トラブルはよく起きる問題です。当人が知的障がいをもっている場合もそうですが、残念ながら身内がトラブルを起こすケースもあります。こういったトラブルを事前に防ぐために今から親が子どもためにしておくことも大切な話です。
家族イラスト2
アイムのテーマは「発達障がいの一生のインフラ」であり、放課後デイからノーベル高校、生活介護、グループホームとつくってきました。発達障がいの子供の将来に目を向けると、親が亡くなったあとのために今から何ができるのか、という課題がでてきます。

この話は実は保護者の一人の相談から始まりました。「親が亡くなったあとも踏まえて、アイムがお金を預かることはできないのか?」。アイムとしてもありがたい話ではあるのですが、アイムも30年先のことはわかりません。ですので福祉や一個人がお金を預かるというのは、保護者と利用者にとってリスクが高すぎると感じていました。

そこでアイムパートナーズでは、各分野の専門家を集めてこれらの課題に取り組むことになりました。各家庭のニーズに合わせて、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、行政書士、精神科医である各分野の専門家と協力しあっていきます。ぜひみなさんもごいっしょに発達障害の子供たちの安心できる将来設計について考えていただければとおもいます!


アイムパートナーズについての動画です! 発達障害の子供の将来についてわかりやすく対談!

【パート1】対談 佐藤x河野
『発達障害の子供のためにいくら必要なのか?そして親なきあとにどう備えるかを考える。』 
●子供にいくら残したらよいのか?
●親族や福祉施設にお金を預けるのは危険?
●重度の知的障害と高機能(グレイ)では必要なお金が違う
●障害手帳と福祉の手当の話
●20歳の障害年金がポイント
●相続の分配トラブルの時に当人の権利を守るには?
●通常の生命保険ではお金の管理に困る
●信託を活用して、当人に必要なお金がいくようにする


【パート2】対談 佐藤x小内(税理士)
『発達障害の子供がいる場合の相続対策と遺言書の必要性』 
●相続税の心配をするのはいくらから?
●相続税の基礎控除額とは?
●生前贈与で失敗をしないためには?
●遺言書を用意する
●障害を持つ子が相続トラブルにまきこまれないために
●障害年金を活用して貯蓄する
●お金のトラブルを避けるために信託を活用

アイムパートナーズでは家族からの個別相談に応じています。それぞれの家族の状況や事情に合わせた最適なご提案をさせていただきます。

■アイムパートナーズに関する問い合わせはこちらから:
http://imhappy.jp/contact-partners.html
■アイムパートナーズのHP:
http://imhappy.jp/impartners.html

photo-nori




NPO法人参加型システム研究所・参加型福祉研究センターの皆様が昨年末、アイムの放課後等デイサービスの活動を取材し、記事にしてくださいました!

そのタイトルが「必要なのは、ありのままでいられる居場所」です

アイムのいいところを端的にまとめてくださいました!

ありがとうございます!

取材してくださった方からは

「子どもたちが好きなこと楽しいと思えることを見つけることを大事にしたいとおっしゃってましたが、それをスタッフの方たちみんなが共有してそれぞれの自然体で取組まれていると感じました。子どもたちもそれを感じているような雰囲気でした。核になる考え方、信念がしっかりあることが重要なんですね。いろいろと不安の多い昨今ですが、アイムのような場所があってほっとします」

とありがたいお言葉もいただきました

記事は、参加型福祉研究センターのホームページにもアップされています!
情報誌「オプティマム」
http://sanka-fukushi.org/optimum.html

1
2


ご参加いただいただ皆様、ありがとうございました。
次の説明会は、日程が決定次第、お知らせします。
家族イラスト1_背景あり

アイムは発達障害の長い人生の課題に取り組むために、アイムパートナーズがスタートしました。人生、常に万が一ということがあります。また障害者の老後についても、事前に備えておけば当人にとっても家族にとっても安心です。発達障害の当事者、福祉関係者の参加歓迎です。(セミナー参加は限定期間で無料です)

「障害者の親なきあとの事例研究」ZOOM説明会
共に同じ内容ですの都合のよい方にご参加ください! 事前申し込みの必要はなくなりました。 当日に下のリンクをクリックするとZOOMアプリが自動的にでてきてセミナーに参加できます。
(『あしたパートナーズ』の共同セミナーになります)

■2022/1/22(土) 14:00-15:30
■2022/1/29(土) 14:00-15:30
⇒参加の時にこのリンクをクリックする
ミーティングID: 835 6878 7704
パスコード: 075281
d284c71dec53208fb2fd6d538e1e0c406f8e34cb

参加にあたってのお願い:
みなさまのニーズをより正確に把握するために簡単なアンケートにセミナーの後にご記入ください。より知りたい質問や相談したい内容があれば書いてください。こちらからお返事さしあげます。
⇒セミナー後にアンケートに答える

説明会の内容:
●発達障害の子供のためにいくらの貯金が必要になるのか?
●親がいなくなったあとに発達障害の子供のお金の管理をどうしたらよいのか?
●通常の生命保険では不十分である理由。
●高機能なので一般就労をしているかもしれないが、お金の管理能力がない場合はどうしたらよいのか?(キャバクラ、ギャンブル、だまされる、などのトラブルを防ぐ)
●相続で揉めた場合、発達障害の当人の権利をどのように守れるか。
●相続税と生前贈与と発達障害の子供のケース。

実際に親が亡くなったあとの金銭トラブルはよく起きる問題です。当人が知的障害をもっている場合もそうですが、それとは他に残念ながら身内がトラブルを起こすケースもあります。こういったトラブルを事前に防ぐために今から親が子供ために設計しておくことも大切な話です。
家族イラスト2
アイムのテーマは「発達障害の一生のインフラ」であり、放課後デイからノーベル高校、ピカソ就労支援とアイムホームまで創ってきました。で、発達障害の子供の将来についてもっと踏み込むと、親が亡くなったあとのために今から何ができるのか、という課題がでてきます。

この話は実は保護者の一人の相談から始まりました。「親が亡くなったあとも踏まえて、アイムがお金を預かることはできないのか?」。アイムとしてもありがたい話ではあったのですが、さすがにアイムも30年先のこととかはわかりません。ですので福祉や一個人がお金を預かるというのは、保護者と利用者にとってリスクが高すぎると感じていました。

そこでアイム・パートナーズでは、各分野の専門家を集めてこれらの課題に取り組むことになりました。各家庭のニーズに合わせて、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、行政書士、精神科医である各分野の専門家と協力しあっていきます。ぜひみなさんもごいっしょに発達障害の子供たちの安心できる将来設計について考えていただければとおもいます!

アイムパートナーズについての動画です! 発達障害の子供の将来についてわかりやすく対談!

【パート1】対談 佐藤x河野
『発達障害の子供のためにいくら必要なのか?そして親なきあとにどう備えるかを考える。』 
●子供にいくら残したらよいのか?
●親族や福祉施設にお金を預けるのは危険?
●重度の知的障害と高機能(グレイ)では必要なお金が違う
●障害手帳と福祉の手当の話
●20歳の障害年金がポイント
●相続の分配トラブルの時に当人の権利を守るには?
●通常の生命保険ではお金の管理に困る
●信託を活用して、当人に必要なお金がいくようにする


【パート2】対談 佐藤x小内(税理士)
『発達障害の子供がいる場合の相続対策と遺言書の必要性』 
●相続税の心配をするのはいくらから?
●相続税の基礎控除額とは?
●生前贈与で失敗をしないためには?
●遺言書を用意する
●障害を持つ子が相続トラブルにまきこまれないために
●障害年金を活用して貯蓄する
●お金のトラブルを避けるために信託を活用

アイムパートナーズでは家族からの個別相談に応じています。それぞれの家族の状況や事情に合わせた最適なご提案をさせていただきます。

■アイムパートナーズに関する問い合わせはこちらから:
http://imhappy.jp/contact-partners.html
■アイムパートナーズのHP:
http://imhappy.jp/impartners.html

photo-nori




20-A
『byGAKU - 20』画集本を実現させてください!

「やっとここまできました!」
というのが親である私の正直な感想です。


がっちゃんも20歳となりました。アイムのスタッフ、そしていっしょに通ってくれたたお友達に仲良くしてもらいながら立派に成長しました。

アイムが始まった時にはがっちゃんはまだ中学2年生。とっても他動で一番大変な時期でした。この頃にがっちゃんが近い将来絵をかくようになるとは誰も想像していませんでした。
7A2A6594-22FA-4850-A3BB-06690E9D093D_1_105_c
アイムでは最初から「マニュアル的な療育はやらない」「子供たちの関心事を優先させる」「大人はきっかけを与えて後押しをするだけ」を指針にしてきました。

がっちゃんのアーティスト活動が開花したこと。これはアイムに関わってくれたみんなによって育まれた「可能性」の一つです。そしてこのお礼を何か形にできないかと考えてきました。

ここまでがっちゃんを育ててくれたみなさんへ感謝の意味を込めた一冊。
過去3年間の600点の中から最も優れた作品を選びました。みなさんがページをめくりながら、当時のがっちゃんや展示会での思い出に想いを巡らせてくださればうれしいです!

 readyfor クラウドファンディング
 期間:7/21-8/30

 
https://readyfor.jp/projects/bygaku20

 一人でも多くの方にご支援いただけるとうれしいです!

P.S.
byGAKUブログではモデル写真のがっちゃんを順次発表していきますので、ぜひこちらもチェックしてください!
http://bygaku.livedoor.blog/
20-B










ebd4d5d1
新しい保護者が増えたのでお知らせです! 現在アインシュタイン関連のブログは4つあります! 全部更新をチェックするのは大変! ということでライン通知でブログ更新をチェック! 

c1360078
『療育なんかいらないブログ』(代表のブログ)
 http://blog.livedoor.jp/gacchan_blog/

e04758a5
『スタッフ・ブログ』(毎日の教室の様子)
 http://imeinstein.blog.jp/


63c00227
『ノリブロ』(代表の個人的なブログ)
 http://blog.livedoor.jp/norism_blog


c3153fa6
『byGAKUブログ』(アーティストGAKU)
 http://bygaku.livedoor.blog/

LINE通知を設定する方法:
スマホで各ブログにいって、記事の下までスクロールしてください。このような項目が出てきます。こちらを押すと、ラインからブログ更新のたびに通知がきます。
IMG_5303
(各ブログで同じ手順を繰り返してください)

解除する方法:
ライン通知を解除も簡単にできます。説明はこちらから:
http://blog.livedoor.jp/staff/archives/51892659.html


スマホの方はこのまま下に進んでいってボタンを探してください!
⬇️

⬇️

⬇️





このページのトップヘ