アイム・スタッフブログ(宮前区・高津区・麻生区・中原区にあるアイム放課後等デイサービス)

川崎市宮前区にあるアインシュタイン放課後と高津区にあるエジソン放課後、麻生区のモーツァルト放課後、中原区のダヴィンチ放課後で働くスタッフによる、奮闘?記。

カテゴリ:アイムのスタッフ > 成田

この日は、そうまの預け先がなかったので、子連れ出勤でした。
犬のしゅんちゃんにもキッズたちは優しいので、そして、そうま自身も、ほとんど人見知り&場所見知りもなく、わんちゃんLOVE!なので連れていくことを決意。

出勤して、スタッフに挨拶…と思ったら。
早速しゅんちゃん唸られ泣き出すそうま(笑)
たまたまその日来ていた土田さんと塚田さん(新しいスタッフです。おばあちゃんのように優しい素敵な方!)が優しく声をかけてくれました。

実は夏のBBQにも、そうまは参加していました!(笑)
その時にもキッズに優しくしてもらったのですが、一番気に入ってくれたのがけいちゃん!
けいちゃんは末っ子ですが、何故か小さい子が好き、とのこと。
この日も…

真剣なひょうじょうで抱っこ。
いつも、痛くないかどうか、見ていてくれます。

CIMG9816



パソコンを教えてくれているようです。

CIMG9813


なんと!お菓子を食べているのも見てくれます!

CIMG9817


みーちゃんも小さい子は好きみたいです。
ちょくちょく様子を見に来ては話しかけてくれます。

CIMG9821


えりちゃんはこの日、デコパージュニ夢中になって取り組んでいましたが、「可愛い」と、そっと見守っていてくれました。

CIMG9810


↑デコパージュに夢中なえりちゃん。
巾着に英字新聞のようなオシャレなペーパーを貼っています。

今度、完成品を持ってきて貰わねば!!!

☆ミ☆ミ☆ミ皆が帰った後☆ミ☆ミ☆ミ

普段はバランスボールや「えいごふだ」などの動画が大好きなたっくん。
あまり人に関心を示さない子なのですが、そうまを見て、一言。

「赤ちゃん…」

おお!

「赤ちゃん可愛い?」
と尋ねると、おうむ返しでしたが(^_^;)

反応を示してくれた!ということが何より嬉しかったです。
繰返し連れていったら何か進展があるのかしら??

今後が楽しみです!

成田の人間関係事情~その3~の続きです。

そんな吹奏楽部の短い活動の中で一番記憶に残っていること。
それはクラリネットの四重奏の大会です。
「行ける人は来いよ」と、先生は確かに言いました。
その日は確か土曜日で、行けないことはありませんでした。
しかし、「行ける人は来いよ」という言葉を、私は「行かなくてもいい」と捉えました。
行かなければならないときは、「行ける人は来いよ」なんて言い方はせず、先生は必ず、はっきりと「来なさい」「行きます」と伝えたからです。
当日、家に先生から電話がかかってきました。
「何で来なかったんだ」
行かなかったのはどうやら私だけのようでした。
その時先生に言われたのは「仲間を応援したいとは思わないのか」という言葉。

当時なんて答えたかは覚えてませんが、間違いなく、私は部活の先輩や同級生を「仲間」だとは思っていませんでした。
仲間と思っていないというより、「え、仲間なの?」という驚きの方が大きかったです。
「仲間って、何?」
そのことについて何日間か考え続けましたが、別に一緒に活動してるだけの人達を仲間だとは、どうも思えなかったです。

そりゃそうです、人に流されて入った部活でしたから(笑)

因みに、物事の飲み込みも遅いので、楽器も下手で楽譜を読むのも下手でした(笑)

どのくらい飲み込みが遅いのかというと…。
1歳から小学6年生までやっていた水泳では、平泳ぎ習得(完璧なフォームで泳ぎ、タイムを出す)に2年半かかり、更に!

私は数学やら算数やらがとことん苦手です。
以前書いたので、知っている方多いと思いますが(笑)
中学2年生の夏に習う連立方程式。
これに大苦戦しました。
みんなが何てことなしに解けるようになる冬休み頃にやっと解けるようになりました。
母に尻を叩かれるようにして、泣きながらやった(やらされた)なぁ…連立方程式……(涙)
高校受験には間に合いましたが(笑)

さて、次回ではそんな私に転機が訪れます。

こんなことをこんなところに書いていいのだろうか?と、思いつつ…(;・ω・)

皆さん、御存じの通り、アインシュタインはまるきり新しい形の放課後デイであり、まだ開所して1年経たないデイです。
社長も試行錯誤していますし、スタッフもあれこれ試行錯誤しています。

それは、キッズたちを楽しませること、興味を持ってもらえるものを探すこと、可能性を開く力になること…etc
子供たちに関連したものがメインです。

しかし、時々、社長から直々に!
「こういうことしてみて!」とお願いされることがあります。
例えば、去年の夏のBBQ。
予約はしといたから、あとよろしく!とスタッフはお願いされました(笑)
突然の投げ掛けに驚きながらも、スタッフ一丸となってこなしてきました。
(下っ端の私は頑張って先輩スタッフについていってます!…果たしてついて行けているのでしょうか(;・ω・))

社長はずっと教室にいて教室の様子を見られるほど暇ではない(むしろ忙しそう!)ので、普段何に時間をどれくらい費やしているのかを数値化して見たかったようです。
よって、スタッフはタイムシートをそれぞれつけるようにお願いされました。

見ていると……あれ?

個人指導という欄が。

なんのこっちゃ??

え?喧嘩の仲裁?いたずらの制止?
場合によっては叱ってる時間?
それともつきっきりで何かを指導すること?
沢山のハテナが頭をよぎりました。
悩んでいても仕方ないので、取り敢えず、なつきちゃんに相談。

すると…

「あ、それは土田さんの学校勤務のことだそうです!
私もわからなくて佐藤さんに聞きました(笑)」

ちょっとカッコよく書きたかったのかな?(笑)なんて二人で話していましたが。

カッコいいのも大事ですが、一括して説明するか、伝わりやすさも重視してくださーい!!(切実)

あと、備品もそうです。(笑)
傘立てが陶器製で、何回か壊れてしまったのですが、誰かが社長にそれを伝えても同じものを買ってきてしまったりします(笑)
最近では掃除機が一台増えたのですが、前のよりは吸ってくれるけど、何しろ重たくて大変!
「掃除機だけは相談して欲しかった…(苦笑)」というスタッフも(笑)

なくなったり、壊れたりするとすぐ対応してくれるので、スタッフとしてはありがたく、嬉しい限りなのですが…(;・ω・)A
備品も現場の声をぜひ!聞いてください!

この場を借りてお願いします!_(..)_

斬新なアイディアや、既成概念という壁を突破してくれる、素晴らしきアイムのリーダー。
雲の上の人だなぁ…と思うこともあります。
皆さんの中にも、社長を別世界の住人だと感じている方、いるのではないでしょうか?
安心してください!社長もちゃんと人間です!(笑)←何を言っているのだ成田は。

時々、こういったお茶目な一面を覗かせてくれます(笑)

見ていて思うのは…
「あー、やっぱりがっちゃんのパパなんだなぁ(笑)」
親子は似るものですね(笑)

今週から、アインシュタインの姫たちを中心に、普段は出来ないであろうことに取り組んでもらいました!!

デコパージュ」と「レジンクラフト」です!
(リンクで詳しい紹介をしているサイト様に飛びます)

元々、私が趣味で始めたこの二つの手芸。
息子のそうまが生まれてからはゆっくり趣味を楽しむ時間もなく…(。´Д⊂)
1年以上出来ずにいました。
やりたいなぁ…と、かねてから思っていたのですが、ふと思い付いたのです。
キッズとやればいいんだ!!と(笑)
特に姫たちなら食いついてくれるだろうと思ったら、案の定でした(笑)

さて、今回チャレンジしてくれたのは、えりちゃん、みーちゃん、まなちゃん、あゆくんです!
まなちゃんとあゆくんはまだ途中ですが、また今度続きを作ってくれる予定です。
(やってくれるかなぁ~??)

ジャジャーン!!

image


右がみーちゃん、左がえりちゃんの作品です!

みーちゃんはアメジストを散らし、中心にバラ、歯車(バラの後ろに隠れています)を載せてくれました。
なんともオトナかつビジュアル系的な作品です。

一方、えりちゃんは、小瓶にレジンと飾りを閉じ込めるという、少し難易度の高い作品を作りました。
レジン液をに専用の顔料で白く色をつけ、細かいビーズのようなパーツや、ピンクのハートのホログラムを散らし、最後に小さなバラを閉じ込めました。
こちらはなんともガーリーな作品。

それぞれの個性が出ていますね♪

いやぁ…アップで撮れば良かった…と、今更後悔してます( ;∀;)
実は私の携帯、カメラが壊れてまして(笑)
この写真も、なつきちゃんの携帯を借りて撮りました(笑)
作ってるシーンもありませんが、それは追々、誰か(なつきちゃんでしょうか?)にアップしてもらうことにします!

image


作品を片手に、ニコニコな姫たち(笑)

写真を撮ると言ったら、とりょうくんたちが乱入してきました(笑)

image


作品作りには振られましたが(笑)、写真に写るのは好きみたいです(笑)

りょうくん、動きすぎて、ブレブレ(笑)
折角いい顔してたのに!ということで、おまけに写真をぺたり。

image


ドアップりょうくん(笑)

だいぶ遅れましたが、皆さん、明けましておめでとうございます。
キッズたちはどんなお正月を過ごしたのかしら…?
私はというと、三が日、1度もお餅を口にしないお正月でしたΣ(゜Д゜)
なぜだろう…酒豪揃いの旦那の実家及び親戚は餅よりお酒なのかしら?
(因みに私の実家はお酒にめっぽう弱い人ばかりです。)
息子のそうまはお年玉をたくさん貰って、愛想よくニコニコしながら「どうもどうも!」と言わんばかりにペコペコしておりました(笑)
恐るべし1才児…!!!

キッズたちもたくさんお年玉もらったのでしょうか。
くれた人の気持ちを大切にしながら使うなり貯めるなりして欲しいなぁ、と思います。

このページのトップヘ