あっという間に8月。
このブログで何度この『あっという間に』というワードを書いた事でしょう。

ピタゴラス、4回目の夏休みです。
何もかもがあっという間過ぎます。

ピタゴラスの夏は名物でもあります。
イベントづくしのピタゴラスの夏休み。

今日は先日のイベントにぎゅっと絞ってレポ。
FSNO7973[1]
ピタゴラスから車で50分程北に走ると、そこはかの有名な蒜山(ひるぜん)高原。

その蒜山エリアの中の中和(ちゅうか)地区。
津黒いきものふれあいの里に行ってきました。
SQKH5491[1]
毎年恒例の魚のつかみ取り。

ここではわんぱくキッズが闘志をメラメラ燃やします。
KBXZ6523[1]
普段はゲーマーキッズですが、実はアウトドアも大好き。

野生の血を感じます。
ONWL4697[1]
つかまえた魚は自分達でお腹の処理。

今年で3回目の魚のつかみ取り。
初めての時はギャーギャー騒いでたキッズもこのたのもしい姿。
HFPU1311[1]
今年が初めてのキッズは、いつもお世話になっている森の達人和田さんからレクチャーを受けます。

その姿をそっと見守るお姉さんキッズ。
暖かい眼差しです。

自分で言っちゃいますが、ピタゴラスのいいところはこういうとこだと思うのです。

チャンスは提供するけど、やる事は強制しません。
する、しないの選択をするのもスキルだと思うので。

『しない』を選択したキッズも周りの仲間の言動を見て感じている事はあるのだと思うのです。

こうやって仲間が挑戦している姿を見て、キッズもきっと成長しているのだと思うのです。


自分達で処理した魚は炭火焼きにしていただきます。

しかも手作り木のお皿で。
QJWC0663[1]
しかもしかも、今回は焼きとうもろこしまで。

皮剝いて木の枝で作った棒をぶっ刺して焼きました。
UFCT6777[1]
大自然が身近にあるピタゴラス。

コロナで益々『除菌』だ『抗菌』だ言われますが、自然の中で生きて行く事で免疫力もアップするのかもしれません。
ROYR8496[1]
コロナ禍で当たり前だと思っていた様々なものが淘汰され始めたこの半年。

人間にとって大切なのはいったい何なのか。

多くの人が考えるきっかけとなったのではないでしょうか。
UXKS1329[1]
この子達のたくましさ、

きっとこれからの未来を生き抜く力になっているハズ!!
NNZJ4353[1]