吹奏楽部にいる間も、友達が幼馴染のH一人しかいなかった私。
退部したら、必然的に活動が活発な吹奏楽部にいるHとは遊べなくなります。
私は「何もかも終わったなぁ…」と、ごく自然に考えていました。

そんな私に転機が訪れたのは中学2年生になった時でした。
同じクラスに私の波長とピッタリと合致する、とんでもない子がいたのです。
それがA子でした。
前にカラオケの記事で登場してます!(名前だけですが)
あまりにも波長が合うので、次第に彼女の友人とも付き合いが増えて、初めて友達がH以外に増えた訳です。

どのくらい波長が合うのかと言うと…?
①好きな音楽の系統(主にロック系が好きです)、
②体格は違えど、見た目(二人ともショートカットで似てる(笑))
③美術的な感性まで似てたのです!(退廃的なものや哀愁あるものが好きとか)
(誕生日はひと月弱離れてますが、互いの家まで徒歩3分です(笑))

あまりに似てるので、前世で双子だったんじゃないか…(@_@)?と、共通の友達にも言われました。

面識はなかったのですが、幼稚園まで同じでした。
小学校が違ったので、知り合うことはなかったのです。

ある日、サイゼリヤに行きました。
二人で話しながら、ドリンクを取りに行ったのですが(お互いに話しながら、目はドリンクにいっています)、席に戻ってお互いびっくり。リプトンを入れたのですが、量も同じ、氷がないのも同じ、ガムシロップとミルクの量まで一緒!
二人で爆笑してました(笑)
こんなとこまで同じなのか!と(笑)

そして不思議なのが、高校は別々で、進学先も私は大学、彼女は専門学校と別々だったのですが…。
なんと、二人とも福祉系を選択していました!
久しぶりに連絡を取ったら
私は色々あって大学を1年生の秋にやめましたが、彼女は専門学校を無事卒業しました。

双子疑惑が出たのはこの先です。
私はアインシュタインで、彼女は障害者の入居施設で働いています。
その障害者というのが…発達障害を抱えている児童!(一部には成人もいるようですが、彼女の担当は小学生から高校生までのようです)

打ち合わせもしてないのに、何故か似たような道を辿る私たち。
正に双子です(笑)

A子のお陰で私は、高校では自分に合った友達を見つけることが出来るようになりました。
大抵の子とはTwitterやLINEで連絡を取ることもしています。
でも、未だにしょっちゅう遊んだり、たまにライブに行ったりして、頻繁に会うのはA子だけです。
私にとってはA子は特別な存在、もしかしたら親や家族より大事な存在なのです。

次回は最後にまとめの記事をアップします。
今しばらくお待ちくださいませ…_(._.)_