アイム・スタッフブログ(宮前区・高津区・麻生区・中原区にあるアイム放課後等デイサービス)

川崎市宮前区にあるアインシュタイン放課後と高津区にあるエジソン放課後、麻生区のモーツァルト放課後、中原区のダヴィンチ放課後で働くスタッフによる、奮闘?記。

自律神経分野に日々挑戦したのだけど。。。

T社時代はストレス関連の事業を作ろうと頑張りましたが、結論から言うと、アイデアが乏しくて当時はエッジの効いた企画を作れませんでした。

27

ストレスって耐えられる限界値が人それぞれ違って、結局溜まっているか否かを伝えたところで、本人がそう感じてなければ改善行動につながらなかったのです。ただ、私としてはどうにかこのストレスを軽減する方法はないかと、会社辞めてからもずーーーっと何年も考えてきて、やっと“呼吸法”というシンプルな考えに至ることができ、今年初めにその集大成のアプリをリリースしました。宣伝
 

「カンタン高血圧呼吸- Slow Breath(スロブレ)

09

https://appsto.re/jp/dJ2Q6.i

これはアメリカの高血圧関連最高峰の学会AHAで発表されていた論文を参考に作っており、122分の呼吸をするだけで自律神経の緊張グセを緩和し、降圧効果がある(かも)というアプリです。血圧が気になる方は是非使ってみてください。

 
T社時代には、その後に活用することになる医療知識の幹を育てていただきました。次回は当時立ち上げたNPO「メタボランティア」について書きます。ノリさんと出会うきっかけがこのNPOでした。

1449115532636


こた君が、犬のしゅんにタマゴを産ませることに成功。

感謝の握手をしています。


収集癖?の続きです。

収集癖とはいうものの、私は「物」を集めることが苦手でした。
ADHDならではの飽き性、なのでしょうか。

物じゃないなら、何を集めていたのか。
「知識」です。

例えば、中学2年生の時期。
友達から国語辞典だとか百科事典だとか言われるようになります。
特に言われたのは、漢字辞典。
いつからだったか、イマイチ覚えてませんが、漢字に没頭します(笑)
元々、本が好きでよく読んでいたので、そのせいか、国語も好き。
それと同じで漢字も好きになりました。
漢検も2級までは取りました。
ほぼ勉強せず、2級まで受かりました(笑)
準1級は受けましたが、玉砕(笑)
さすがに難しすぎました。
また自分のなかで漢字ブームが来たら、取ろうと思ってます。

それから、勉強以外でも、知識を求めます。
自分でも凄かったな…と思うのは、ロックバンド、ブルーハーツの再熱と、BOOWYにはまった時のこと。
メンバーの本名が何で、誰が何年の何月何日生まれで、出身の学校は~…など、そりゃもう事細かに…(笑)
書籍も図書館で探して読みあさり、特集が出れば祖母にもらった図書カードで買い、そこからまた知識を得る…。

ここに挙げたことに関わらず、ほぼ、全てのことに当てはまるのですが、私は、趣味にしろ勉強にしろ、発達障害にしろ、知りたいという欲求がかなり強かったです。

今でこそ、欲求が落ち着きましたが、知りたい!と思ったことは他にするべきことがあってもそれを完璧忘れて、調べものに奔走していました。

アイムはご存知のとおり2つの教室があり、その名もアインシュタインとニュートン。アインシュタインが『動』ならば、さしずめニュートンは『静』かと言いたいところですが、なんのなんの、ニュートンでも男子達が、日々熱い一面を魅せてくれています。🔥

ある日の出来事、ニュートンでは男女問わず嵐ファンが多いので、ヘッドホンをして嵐の歌や動画を見るのは日常茶飯事。💻
鼻歌程度ならあちこちから聞こえてきますが、今日はボリュームがいつもと違いました。
演歌歌手のように拳をマイク代わりに、ヘッドホンをして両眼を閉じ、嵐の歌に酔いしれてるクマちゃん🎤
君は一体誰になりきってるのかしら⁉️

『声、小さくしようね』と肩を叩いても無視。
ヘッドホンを少しずらして『声、もうちょっと小さくね』と囁いても完全スルー。

嵐になりきってるなら、それではと、
『松本君松本君、声、大きいよ』→ダメ❌
『櫻井君櫻井君、小さくね』→ダメ❌
『相葉君相葉君、どうしたの❓』→ダメ❌
『二宮君二宮君、歌よりダンス見せて』→ダメ❌
最後の一人、大野君。撃沈でした。😱😨😰

どんどんボリューム大になるクマちゃんを
『静』にした人物、それは

『パパに電話していい❓』の一言でした。

嵐よりも偉大な人物、それはお父様でした。





いよいよ、医療の世界に復帰!

12

偏差値の無駄遣いという指摘で我に返り、急いで医療業界に復帰。T社では新商品や事業開発を担当することになり、最初に取り組んだのは自律神経に関わるものでした。秘密保持の関係でサービスや商品詳細は語れませんが、自律神経って奥が深いのでプチ知識を書いておきます。

 メディアでもよく取り上げられる自律神経は「交感神経」と「副交換神経」に分かれていて、簡単にいうと緊張しているときは交感神経が働いていて、リラックスしているときは副交換神経が働いている状態を指します。車で言えばアクセルが交換、ブレーキが副交換ですね。
19 

 で、これがどっちかに偏りすぎると心身にダメなんですが、現代の生活はどうしても情報(刺激)が多いしFaceBookなどで誰かと繋がっているため、とてもストレスが大きく常に交感神経全開になりがちです。返信がこないだけでイラッとしたり「いいね」の数が気になったりとかですね。

 で、そのときに私たちの体で何が起きているかというと、筋肉が硬直して、心臓が一定のリズムで動き、血管はギュギュゥ〜っと硬くなり、まるで蝋人形か!ってくらいカチコチの状態になっているんです(イメージです)。それって体にいいわけないですよね。で、その状態が続くと精神疾患や肥満を誘発してメタボリック症候群につながったりして、いずれ糖尿病や高血圧症の原因となっていくのです。そこで、それを未然に防ぎたい!と考え、ストレスを測ったり緩和する商品・サービスを作ろうとしていたんです。

 

ただ、ストレスってそんなに簡単なものではなかった。。。

このページのトップヘ