アイム・スタッフブログ(宮前区・高津区・麻生区・中原区にあるアイム放課後等デイサービス)

川崎市宮前区にあるアインシュタイン放課後と高津区にあるエジソン放課後、麻生区のモーツァルト放課後、中原区のダヴィンチ放課後で働くスタッフによる、奮闘?記。

こんにちは。アインシュタインのCody日下部です。

今回は子供の登場人物がおりません。
ごめんなさい。

大人が出てきます。

フクロウも出てきます。

山羊も出てきます。

フラミンゴアルパカも出てくるので許してください。

そうです。

パソナのハートフルに行ってきました。

大人の遠足です。



S__8470555




宮前平から1本で三越前まで行って、駅から歩いて6分。
この2人にいけるのか??
ちなみに以前池袋で迷子になりデパートのおねぇさんに道を聞きました。

S__8470570


地下鉄はとても地下深いところを通ってるという実感



S__8470571



S__8470568


こんなビルを1棟借り切って使用。

うーんパソナ凄し



S__8470566


前にテレビで見たことのある牧場が、、、、ここに。

S__8470565

ロビーには植物が育っています。


S__8470564


頭の上に生えているのは⁇
この日はカメラマンとして大張り切りのホンダさん




S__8470563


ゴーヤがなっている。。。

S__8470562


奥へ行くと焼きたてパンの店。

ちなみに帰りにはみんなでパンを買って帰りました。

S__8470560



S__8470561


アート村工房という店。

S__8470556




たくさんの商品が並んでおりました。

S__8470557


建物の中にあるエレベーターの扉には絵が貼ってありました。抱えている芸術家たちん作品です。ちなみに初めの絵も他の階のエレベーターです。


S__8470554


そして、13階には、、、

S__8470552




フラミンゴ
烏骨鶏とかもウロウロしております。
S__8470543


あっち向いてるアルパカさん、機嫌が悪いと唾吐くらしい。

S__8470546

ヤギヤギ
ブタ


S__8470547


ヤギヤギヤギヤギヤギヤギ
ブタブタブタ
S__8470548


カフェも併設してるので。まったりできます。
S__8470551





パソナのおねぇさんからお話を聞いてきました。
とても勉強になりました。


S__8470549


〆はこの

ボーナスショットでしょ、、


70449



最後なんですが、、、
アインシュタインインスタグラム始めました。

im.einstein.office

チェックしてみてください。



祝☆Instagram開設

 @davinci_musashikosugi

イイネ♪ フォロー☆ よろしくお願いします(*^^*)




開設早々、ハイクオリティーなインスタ映え写真が撮れちゃいました♪




Blog_180922_0005



素敵な笑顔で私の手を引いてくれる彼♡



もぉー♪どこに連れてってくれるのかなー♪


Blog_180922_0004



ん?(´・ω・`)



S__56287238


大好きなYouTubeのチャンネルを検索してほしかった、タケちゃんなのでした(笑)



あかねです

最近の悩みは…

キッズが色んな事にチャレンジしないこと

自分に自信を持つってとっても大切なこと!

だから私は、キッズに一つでも出来ることを増やしてほしい!
出来なくても挑戦することに意味がある!

。。。というわけで

この日ははるちゃんに声をかけてみた。


あかね「アイロンビーズでキッドを作ってみない?」

はるちゃん「よくわからないからいいや」

私は簡単にくじけた。まあ無理してやらせるのも違うしね(←開き直るのはやっw)

でも次の日…

他のスタッフ「はるちゃん本当はやってみたかったんだって!だからあかねさんいたらもう一回聞いてみよっかなって言ってたみたいよ!」


なんと!!!

そうだったの~!?
もうちょっとしつこく聞けばよかった…

というわけで

あかね「こんなの印刷してみたんだけど、アイロンビーズやってみる?それともやったことあるからまずはプラバンで作ってみる?」


はるちゃん「できるかな?プラバンにしようかな…」

あかね「そうだね!じゃあやってみよう!」

ブログ用3_181002_0002


うーん。うまくいかない。失敗した。。なんてうなりながら
一生懸命ペンを動かし続けるはるちゃん。
えらいぞ!
少しの失敗なんか気にしなくていい!
(プラバンは少しの失敗なんか全然気づかないくらいになる優れもの!)

頑張りました!

完成品がこちら☟

ブログ用3_181002_0006

怪盗キッドかっこいい!!!なんてかっこいいんでしょ!
上手にできました!

ブログ用3_181002_0005

うれしそうな顔がとってもかわいい

この後時間までこれを握りしめながらYouTubeで怪盗キッドの動画を
観てましたとさ


あかね

 

まだまだ続きます。夏の思い出。
S__16777220
生田緑地でプラネタリウムと岡本太郎美術館を満喫してまいりました。
 S__16752651
まずはプラネタリウム。
大人向けのプログラムということで、双眼鏡をお借りできました。
S__16752650
みんな双眼鏡に夢中(笑)
40分の夜空のお散歩はとっても優雅な時間でした。
ちなみにこの日の夜は満月と教えてもらい、綺麗な満月が見れました。

お次は岡本太郎美術館。
 S__16777218
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0054

プラネタリウムin 生田緑地_180919_0053
ラッキーなことに、この日は照明の関係で不具合があるらしく、無料で入館できちゃいました♪
鑑賞するのに支障はなく(気づかず)問題無!
S__16752659
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0052
S__16752649
 あゆさんは岡本太郎美術館の常連さんとのこと。さすが博学のあゆ様。
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0017
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0075
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0016
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0015
広場で遊んだり、
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0076
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0064
展示を楽しんだり、
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0083
電車に乗ったり、皆思い思いに楽しみました。
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0069
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0070
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0068
プラネタリウムin 生田緑地_180919_0014
近くて楽しい生田緑地。 
また冬休みも行こうね♪
S__16752648

 

 

遂に最終章となるか!

ピタゴラスの夏休み。

ダイジェスト第6弾。

 

まだまだ寒い2月だったか、就労支援事業所であるスカイハート灯さんに見学に行かせてもらった時の事。

スカイハートとピタゴラスで何か楽しい事やりたいですね。

そんな話をしてから半年後。

遂に実現しました。

その名も“ピタゴラ・ス・カイハート灯 ワークショップ”

DSC_1884

1.8×3.6mの大きなシートに思う存分絵を描きました。

最初はこんなかわいらしい絵がたくさん点在していたシート。

終了時には見事にペンキに塗り潰されていました。

この作品は、真庭市役所に展示される予定だとか!

 

スカイハートさんとコラボした翌日は、地域おこし協力隊とタッグ。

 

地域おこし協力隊寒川さんが隊長を務めるかしむら遊び隊

×

竹細工がお得意の地域おこし協力隊篠原さん

×

毎日がパーリィーピタゴラス

 

竹細工して、竹でご飯作って、竹で楽器作って。

竹三昧のイベント“バンブーフェスティバル”

DSC_1966

この様子はNHKでも放送されたとか。

ピタゴラス、ローカルテレビからちょっと前進 笑

 

そして。そして。

始業式目前。

まきばの館にも行きました。

DSC_2036

この日は休館日か?という程、お客さんがおらず、

ほぼ貸切で大騒ぎ。

(まぁ、貸切でなくてもいつも大騒ぎですが…)

 

そして遂にラスト!

ドラマーモッツさんと三線弾きのハルさんによる音楽イベント。

モッツさんのカホンというどこやらの国の楽器と、ハルさんの三線に合わせて、キッズも大盛り上がり。

DSC_0040

バンブーフェスティバルの時の竹で作った三板(サンバ)という沖縄の楽器と、ガチャガチャのカプセルにビーズを入れて作ったシェイカーで、キッズも大演奏会。

毎度の事ながら、1階のピザ屋さん、大騒ぎしてゴメンナサーイ!

 

ダイジェスト第6弾まで続いたピタゴラスの夏休み。

こんな楽しい夏休み、ピタゴラキッズだけの特典だよ~。

それもこれも、いつも快く送り出してくれるご家族のみなさんと、協力してくれる地域のみなさんのおかげです。

 

本当にありがとうございます!

(いつもハードイベントのピタゴラスを支えてくれるスタッフのみなさんも、本当にありがとうございます!!)

 

ピタゴラスの夏休みダイジェスト、

これにて閉幕☆

IMG_4627

 

 



 


 

続きを読む

このページのトップヘ